失敗しない脇脱毛

脇脱毛が出来ない時期

モデル

エステサロンや美容クリニックに行けば、いつでも脱毛が出来ると思っていませんか?実は脱毛を断られることもあるのです。私が以前、脇脱毛をしていたエステサロンでは生理中の脱毛はNGでした。脇に吹き出物があるときにも安全のために脱毛できませんと、断られたことがありました。サロンの人に注意されたのは日焼けですね。フラッシュ脱毛は黒い色をターゲットに脱毛施術を行うので、肌が日焼けをしてしまうと、メラニン色素が多くなった肌にも反応を示してしまいます。結果的にムダ毛への効果が半減してしまうのです。また、日焼けした肌に色素沈着がおきたり、やけどのような症状が引き起こされる可能性もあるようです。利用者が健康だとしても脱毛施術が体に悪影響を及ぼすかもしれないと判断された時には、断られてしまうのです。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛も、妊娠中や授乳中の間は避けたほうが良いようです。妊娠中や授乳中は、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。そのため、脱毛施術を行っても通常の場合と比べて脱毛効果があまり感じられない場合があるようです。この時期の体は時に敏感になっているので、脱毛はあまりお勧めできません。

 

ちなみに、タトゥーをしている肌も脱毛は出来ません。日焼けした時と同じ考え方になりますが、光がタトゥーに反応してしまうので、脱毛効果が半減してしまいます。また、タトゥーに強い痛みを感じることもあるようです。脇にタトゥーをする人は少ないとは思いますが、脇近くにタトゥーがある場合は脱毛を断られるかもしれません。

 

ミュゼ香椎

脇脱毛時の痛み

モデル

脇脱毛時の痛みは脱毛方法によって異なります。私はミュゼで脱毛をしましたが、全く痛みを感じることはありませんでした。ミュゼでの脱毛は、ジェルを塗った上から光を当て脱毛する、S.S.C.(スムーススキンコントロール)脱毛です。ジェルと光の相乗効果でムダ毛を脱毛していきます。ジェルを塗ってもらう時にもひんやりして気持ちが良いですし、脱毛のために光を当てている時も痛みは感じませんでした。もしかしたら痛みに強いのかもしれませんが。口コミを見てもミュゼの脱毛で痛みを強く感じる人はいないようです。

 

では、どんな脱毛方法だと強い痛みを感じるのでしょうか?電気針式の脱毛(ニードル脱毛)の場合、強い痛みを感じるようです。この脱毛では細長い針状の金属線を毛穴から毛乳頭に達するまで差し込み、ごく弱い直流電流と高周波を同時に流します。電流と電波の働きによって発生する熱によって、毛根に影響を与えて発毛を抑制します。現在生えている毛はスルッと抜け落ちますが、強い痛みがあります。毛穴に針を指して毛根を焼のですから、かなり強い痛みがあるのは想像できますよね。

 

人によっては出血がおこることも。エステや美容クリニックで脱毛をしたが、痛すぎて耐えられなかったなどと話を聞くことがありますが、それは電気針式の脱毛でしょう。
レーザー脱毛なら痛みをほとんど伴いません。レーザー光線が皮膚の表面を素通りするので、皮膚表面への刺激がないことで痛みを感じないのです。